新宿の感染症の感染率について

新宿は都心の中では緑や自然が比較的多い地域です。そのため、そこに生息している動植物やウイルスを通じて感染症にかかる人が多いです。また、新宿は世界各地から多くの人が訪れるため感染症の感染率は高くなりやすいです。
この地域の感染症の感染率は高いです。しかし、初期対応がしっかりしているだけではなく、高いレベルの医療技術を持っているので新宿で感染してもすぐに適切なケアを行えば軽症で終える事が出来ます。
昨今、グローバル化が進み、世界各地から様々な種類の菌やウイルスが入ってきています。そして、日本の中心の一つである新宿は日々多くの人間が行きかうため感染率が高くなりやすいです。その率は高いですが、その後のケア体制が充実しているので必要以上に恐れる心配はないです。
新宿は自然豊かな場所が多くあります。その周辺で運動を楽しむ人がたくさんいます。多くの場合、そのような人々は動きやすさを重視し、薄着である事が多いです。結果、知らない間に様々な動植物やウイルス等に接触し、感染症になってしまう人が少なくないです。行政もその率を低下させるために定期的に消毒等を行っていますが、それを完全になくすまでには至っていないです。
この地域は衛生や健康に力を注いでいるため容易に感染症にはならないです。しかし、新たなものが出てくると焦ってうまく対応が出来ず感染率を上昇させてしまうケースが多いです。より早い段階での対応に課題があります。
環境衛生がしっかりとしているため一時的にはその率が上がるもののすぐに不安定な状況は解消されます。
新宿にはたくさんの人が暮らしています。そのため、感染症になる人の数も多いです。そして、感染率も高くなります。
しかし、その後の対応がしっかりとしているのですぐにその率は低下する事が多いです。