喉にも生じる感染症のりんびょう

りんびょうは淋菌というウイルスが要因となり生じる性感染症の一つです。
行為などを通じて粘膜に感染し、喉の粘膜も例外ではありません。
りんびょうは感染症の中でも特に感染しやすいと言えます。
そのため、感染率がおよそ30%と高いのが特徴で同じ時期にクラミジアにも感染するというケースが多いです。
感染者の数が減っていた時期もあるものの1990年代を過ぎた頃からは再び感染者数が増加傾向にあります。
感染症のりんびょうに感染してしまうと数時間もしくは数日で発症するものの自覚症状が全く無いということもあります。
デリケートゾーンを含め、喉や目そして直腸も対象部位です。
こうした対象となる部位は男女に差異はありません。
女性の場合は、女性特有の部位に炎症が生じてしまいます。
分泌物の臭いが強くなるといった変化はあるものの、およそ8割の女性に自覚症状が無いとされています。
放置したままにしてしまうと喉を含めた体内において拡大してしまい不妊の要因にもなってしまう恐れがあります。
そして、妊娠中に陥ってしまうと出産時に赤ちゃんが発症してしまいます。
このように赤ちゃんに症状が起きてしまうと両目が侵されます。
早急に治療を行わなければ失明してしまう可能性も高いので十分注意しなければなりません。
男性の場合は尿道に感染するケースが多く排尿の際に強い痛みを感じます。
そして、膿も確認することができます。
ところが、男性も女性同様自覚症状が起きない場合があります。
治療を行わなくても治まることがあるものの、ウイルスは体内に残っているため徐々に広がりながら炎症を起こしてしまいます。
このようにデリケートゾーンや喉に生じる感染症のりんびょうは抗生物質で治療を行います。